NO DRINK,NO LIFE

ふらふら日記

反省すれどもシンポなし

店の話は出てきません テイシュの日常をダラダラ書いています


2019年1月

19.1.13 加湿器が壊れる

 曇って、10℃。
 
 一昨年買った加湿器が今朝からまったく動かなくなる。構造がひどく単純なので、出来ることは水あかを落とすぐらいなもの。が、それでも反応しない。叩いてみても、やっぱり反応しない。インフルエンザが流行っているらしいで、ヨドバシカメラで買うことにする。と、何気に今まで使っていた加湿器の消費電力を調べていたら、150wもあったことに今さら気付く。どうりでこの2カ月、電気料金が高かったわけだ。新しく買ったのは15w。少しは家計のタシになるのだろうか。
 
 あまりの忙しさにある仕事を友人に振ったものの、自分のセンスと違うためどうも落ち着かない。書き直しをお願いしたが、あまり大きな改善はなし。これは話を振った自分が悪い。礼は言いつつも、結局8割手直しことになった。やれやれ。夜中まで3種類ほどの仕事をやり、1時に終了。1時間ほどウイスキーを嘗めながら、テレビを見てすごす。大河ドラマ「いだてん」、作家の俳優に対する愛情が伝わり、心地よい。これからますます楽しみ。

19.1.9 大変なお年玉をいただく

 快晴、8℃。うー、さぶ。
 
 朝イチ、田町にて取材3本。昨日と合わせて10に話を聞いた。初めて知る内容のオンパレードで、頭がパンパンに。また、担当するページも当初より大幅に増えることが決まった。にもかかわらず納期は2月半ばのまま…。はたして間に合うのだろうか。肩にずしんとくるお年玉をいただいてしまった。
 
 その足で西日暮里へ移動。とある書籍の打ち合わせを1時間。仕事量はさほどないが、大量の資料に目を通し、整理するのに手間がかかりそう。pdfデータをもらったのだが、全部出力すれば250枚ほどにもなる計算。自宅でやれば時間もそれなりにかかるため、帰りに新宿で降り、出力センターに向かう。が、1/3を出力した程度で料金は6000円をオーバーしてしまい、青くなる。ギャラと合わないではないか。あのままデザイン事務所で出力してもらうんだった。うう。
 
 19時帰宅。遅い夕食を自前でこしらえ、空腹をしのぐ。その後、テープ起こし作業を始めるが、2日間の疲れが背中にのし掛かってペースが上がらず。12時半にギブアップする。以後、酒を少々。月曜火曜は缶チューハイ1本で我慢したので酒がおいしいはずが、疲れすぎてそうでもない。いつもより早く酔いが回って、ちょっとびっくり。

19.1.5 ホームページに翻弄される

 快晴、14℃。暖かーいと思ったら、夜が冷え込みました。
 
 昨年から調子が悪い虎の子のホームページを直そうと、朝から奮闘する。「お通し」ページを直したと思ったら、なぜか「日記」ページまで変化。「日記」ページを直すと、今度は「お通し」も「酒」のページも変ってしまう。ナビゲーションのタイトルもチェックしたが、問題なし。モグラ叩き状態に、頭が爆発しそうになる。何度か無駄な努力をやるが、そのうち原因が「日記」と「お通し」のファイル名が「2018年1月」「2018年1月のお通し」と書いていたために、コンピュータが混乱したことかもしれないと思いつく。ということは日記なり、お通しなりを別サイトにしてリンクさせればいいではないか。急に知能指数が10ぐらい上がった気がする。以後、ここ数日が嘘のようにはかどった。
 
 今回は料理も酒のページもリニューアル。「ふらふら日記」「今月のお通し」の過去データもさっぱりと減らした。「お通し」のページなどは、やりすぎてデータまで飛ばしてしまった。一番大きなリニューアルポイントはグーグルマップを貼り付けたことだ。これで前もトライしたものの、今回は何かの偶然なのか出来たのである。が、どういうわけだか、ズレている。うーむ。知恵を巡らせ、GPS測位情報を貼り付けたら正確なものになった。素晴らしい。だれも褒めてくれないが、自画自賛したい。
 
 さて。今年の虎の子は3日からぼちぼち営業を始めた。今日もちらほらご常連さんが見えたようで、いつもの年の初めになっている。これで十分。どうか今年もよいお客様に恵まれますように。

19.1.1 虎の子晴れでおめでたい年明けになった

 快晴、11℃。
 
 年をまたいで湯河原に宿泊。予約サイトで見つけたホテルは、客室も風呂も料理も良かったが(特にベッドが最高)、配膳係のおねえさん(といっても、こちらより年下)がとにかく時間通り進めなくてはという信念を持っているらしく、「はい、どうぞ」「はい、ごゆっくり」といちいち、「はい」を付けて元気よく料理を運び、下げていく。まるでわんこそば屋に来ているかのよう。快活な口調が年末のゆったりムードにそぐわなく、さらに満室のため席の距離も近いこともあり、なんとも落ち着かない。それ以外は80点を付けてもよいくらいなのに、あー、もったいない。自分たちにぴったりの宿を見つけるのは、本当に難しい。
 
 2時間で切り上げ、年越し蕎麦のふるまいを受けると、部屋で紅白歌合戦を観ながらだらだらと酒を飲む。若い歌手の歌はほとんど聞いたことがなかったが、フィナーレを飾ったサザンの「勝手にシンドバット」は盛り上がった。平成最後がこれで良かったのかどうかは知らないけれど。
 
 元日も同じく快晴、風もなし。気持ちのよい年明けでうれしい。チェックアウト後、腹ごなしも兼ねて近所の万葉公園まで散策する。同じようにブラブラしているかなりアップダウンがあり、足に来たが、紅葉がきれい、渓流の水の音も耳にやさしかった。その後、バスで湯河原、さらに小田原まで戻り、去年見つけた古い蕎麦屋でおろし蕎麦を食べた後、代々木八幡へ。初詣でをしようと思って降りたものの、あまりの行列に諦め、そのまま帰宅する。よく歩く正月である。夕方からおせちを食べて、テレビを見て過ごす。


ふらふら日記の倉庫はこちら