NO DRINK,NO LIFE

ふらふら日記

反省すれどもシンポなし

店の話は出てきません テイシュの日常をダラダラ書いています

2020年10月

20年10月16日(金) 日差しを浴びて公園まで歩く

 晴れのち曇り、26℃。
 
 昨日は7時過ぎから荒木町で酒を飲み、濃厚焼酎ロックがたたって少しだけ頭が痛い。
 このところ寒い日が続いていたが、今日は久しぶりに日が出て、夏日になるとのこと。ただそれだけでうれしくなり、幸い仕事も入っていないので、1時過ぎから散歩に出ることに。コースは少し迷ったが、鶴川街道に沿って真光寺公園を目指すことにする。途中から町田市が計画的に造成した住宅地らしく、小奇麗な家が多い。ケーキ屋やカフェ、蕎麦屋にイタリアレストランなど、数は少ないが、センスが感じられる店もちらほらあり、ちょっと悔しくもある。そのうち1軒でも近所にあれば、どれだけ重宝するか。あー、うらやましい。
 
 昼過ぎの住宅地をぶらぶらしているのは例外なくジジババで、自分がなんだが定年を過ぎたサラリーマンになった気分になった。ま、似たようなものだけど。公園に到着、見晴らしのよい丘に立つとはるかかなたに溝ノ口あたりの高いビルが見えた。ほう、これは気分のよいこと。今度は双眼鏡でも持ってこようか。来た道をそのまま自宅に戻り、1時間半ほど。8.5km、14000歩も歩き、少し汗をかけたのがうれしい。
 
 8時、自分で酒のつまみをこさえてから、DVDを2本観ながら酒を飲む。クリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」、ウェス・アンダーソン監督の米独合作のコメディ「ザ・グランド・ブダペストホテル」、どちらも素晴らしく、4時間があっという間だった。なんと素晴らしい週末!

20年10月12日(月) 新規の依頼に気をよくする

 曇って25℃。ちょっと蒸しますなぁ。
 
 朝から今週提出予定の原稿書き。今日は振り替え休日だが、夕方代理店からメールが入り、新規の依頼をいただいた。来週の取材のためちょっと慌ただしくなるが、まぁなんとかなる。ありがたいことである。
 
 仕事を早めに切り上げ、9時すぎにスーパーにて買い物。自分でアボカドに刻んだたくわんを入れたものを作って、酒を飲み始める。非常に美味と言いたいところだが、60点の出来。帰宅したツマに味見をさせたら、「こんなものじゃないの」とのことで、よしとする。
 
 本日は小さな幸せで続きで、酒が旨いことよ。

20年10月10日(土) 町田で腹がはち切れそうになる

 雨のち小雨。17℃。
 
 台風14号が本州をかすめて、どんより土曜日。おまけに昨日飲んだ焼酎が体に合わず、珍しく二日酔い。早いところ酒を抜こうと、食事、掃除の後、雨の中を外出する。「こんなに雨が降っているのに?」とツマには呆れられたが、そんな事情なのである。ただ足元が悪いので野山を歩きまわることはできない。で、和光大学近くにあるという納豆屋まで買い物に出かけてみた。味の評判は知らないが、工場直売なので、一度は食べてみたかったのだ。
 
 自宅から歩くこと1.8km。店舗は想像以上にこぶりで、商品ラインナップも少なかった。あまり選択肢がなかったので、好物のひき割り納豆と、本日の特売小粒納豆(なんと50円)を購入し、来た道とは違うルートで引き返す。泥はねを気にしてゆっくり歩いたせいもあり、期待していたほど汗がかけず。湯船に浸かって、ようやく気分がさっぱりした。
 
 5時すぎに町田へ出かけ、雑誌で見つけた食堂で夕食を取る。鮮魚店直営ということで魚料理は驚くほど安く、旨くて、しかも出てくるのが早い。特にマグロのレアカツとなめろうはアンコールしたいほど。駅近に自分たちの舌に合った店が見つけられて、今日はついていた。
 
 すっかり腹がいっぱいになり、9時前に帰宅。焼酎に切り替えたが、飲み疲れと腹がいっぱいで、酒が進まず。たっぷり寝ていたので睡魔も襲ってこない。困ってインターネットの映画サイトで黒澤明の「天国と地獄」を見はじめたら、俳優の演技と練りに練られたストーリー展開が素晴らしく、けっきょく3時すぎまでかかって最後まで観てしまう。何てことを。

20年10月1日(木) 中秋の名月の前に酒をたしなむ

 曇りのち晴れ。24℃。
 
 仕事、ボチボチ。夕方から外出して参宮橋へ。25年ほどかかりつけのクリニックで問診と薬をもらう。この1年半ほど駅舎の改良工事していのだが、1カ月ぶりに行くと、以前あったシイノキの大木があった跡にクリスマスツリーのような、2mほどの木が植えられていた。他の木が7〜8mもあるというのに非常にアンバランス。これで最終形なのだろうか。その足で代々木上原の治療院に行き、今度はマッサージを受ける。腰を押してもらうと非常に気持ちよく、そのままずっーと押してくれないかとさえ思う。
 
 その足で虎の子に寄ると、常連のYさんがぼちぼち店を出ようかというタイミングで遭遇。鶴川や町田あたりの飲み屋情報で少しだけ盛り上がった。珍しく日本酒を飲んでいたら3合たらずでほろ酔い加減。このまま飲み続けると電車を乗り過ごしてしまいそうな気がして自重し、8時半に店を出る。
 
 無事、駅に降りると大きな月が上っていた。本日は中秋の名月。天気予報は雨だったが、夕方から雲が消えて、いいお月さんを眺めることができた。渋谷でも月を見上げていたが、いかんせんビルが邪魔する。その点、今は見上げ放題で、山から顔を出すところから見られるのがうれしい。ささやかだが、小さな幸せを感じる。


ふらふら日記の倉庫はこちら